042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

リースバック メリット デメリット/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 資産活用に関するキーワード > リースバック メリット デメリット

リースバック メリット デメリット

  • 【不動産の活用】リースバックとは?メリット・デメリットを解説

    不動産のリースバックとは、現在の住まいを売却し、賃貸物件として住み続けることです。 主に不動産会社が提供しているサービスで、利用するためには審査があります。 不動産のリースバックには「資金を得られる」「引っ越しの手間がない」などのメリットがありますが、「不動産の所有権が移行してしまう」といったデメリットもあります...

  • 事業承継税制のメリット・デメリット

    メリットは、対象株式分の贈与税・相続税の猶予されます。この猶予された税額は、(途中で取消しにならない限りは、)最終的には、後継者の相続発生など、一定の事由が発生することで免除されます。すなわち、対象株式の贈与税・相続税の負担がゼロになります。これが、この制度を利用する上での唯一のメリットでとなります。逆にデメリッ...

  • 承継方法のメリット及びデメリット

    後継者選びにあたっては、関係者との意思疎通を図ることや、各承継方法のメリット・デメリットを把握することが重要です。誰に会社(経営)を承継させるかで、以下のようなメリット・デメリットがあります。親族内承継のメリットとしては、①内外の関係者から心情的に受け入れられやすい、②後継者を早期に決定し、長期の準備期間を確保で...

  • 資金調達の種類

    この場合には、調達した資金の返済義務がないため、事業者としては非常に安心できるように思えますが、オーナーの株式比率が落ちるなどのデメリットもあります。 ■クラウドファンディングクラウドファンディングとは、インターネット等で必要な資金を広く募り、資金調達することを言います。ただ単に寄付としてお金を集めることもあれば...

  • 家族に株式譲渡する際の注意点

    株式譲渡の場合は所得税、贈与の場合は贈与税の対象となり、それぞれ税金対策の観点からメリット、デメリットが存在します。また個人と個人での株式移転、法人と法人の株式移転、法人と個人での株式移転など、株式を個人所有するか法人所有にするかでも適用される税法、ひいては課税の対象や金額が変わります。株式譲渡に際しては、それぞ...

  • 自社株の売却

    一方で、自社株の売却にはデメリットもあり、自社株を一般市場に売り渡すことにより、市場に出回る株式の数が増えるため、株式の価値が下がる、また新株を発行せずとも市場へ株を売却することになるので、新株発行と同様の手続きが必要になります。 自社株の売却には、今売却するべきなのか、誰に売却するべきなのかも含めて慎重に検討す...

  • 駐車場経営を個人ですることはできる?メリット・デメリットなど

    個人で経営することができる場合、そのメリット・デメリットは何でしょうか。 このページでは、駐車場の個人経営について、そのメリット・デメリットも併せてご紹介します。 ■駐車場の個人経営 駐車場経営を個人で行うことは可能です。もっとも、土地を駐車場として個人で経営するに際して、以下のメリット・デメリットがあります。

  • 事業承継税制とは?メリット・デメリットや利用要件など

    事業承継税制のメリットとデメリット事業承継税制を活用することによって一定の要件を満たす非上場株式を保有するオーナーから後継者に自社株等を承継するための贈与税もしくは相続税の一部または全額が猶予されるというメリットがあります。 その一方で、この税制を適用した場合には5年経過するまでは都道府県知事に対して年次報告書を...

  • 海外不動産投資の特徴や押さえておくべきメリット・デメリット

    本稿では海外不動産投資の特徴や、メリットとデメリットについて解説していきます。海外不動産投資の特徴とは海外不動産投資の特徴としては主に先進国での投資と新興国での投資によって分かれます。先進国での投資に関しては日本よりも基盤が安定している状況の中で、日本よりも高い利回りを得ることができたり、一方で新興国では先進国よ...

  • MBOとは?目的やポイント、TOBとの違いなどわかりやすく解説

    MOBはM&A(企業合併・買収)の手法の1つで、経営体制の見直しや後継者への事業継承を円滑に進めたいときに役立ちます。まとめただし、MOBには既存株主との対立リスクや不成立の可能性など、デメリットや懸念点も存在します。MOBを検討するときは、税理士に相談しながら判断するのがおすすめです。

  • 生前贈与を活用した相続対策

    例えばこれから学費がかかるお孫さんがいる祖父母がこの特例を使って教育資金の援助を行うと1,500万円まで一括で贈与をしても贈与税が無税になるためメリットがあります。贈与した後の資金が教育資金名目でしか利用できなくなるため、財産を贈与する側からすると無駄遣い等の心配がなく安心して贈与ができる制度です。また学校関係は...

  • 生命保険を活用した相続対策

    また、大手の保険会社でも90歳までは健康診断なしで加入できる保険もありますので、相続税対策を考えている人で生命保険の非課税枠を満たしていない場合には検討のメリットがあります。一般的には「一時払い終身保険」という保険商品を使用します。保険料を支払った時点で終身に渡って保険金額が保証されますので元本割れのリスク等もな...

  • 不動産を活用した相続対策

    またワンルームマンションであれば、1部屋ずつの所有権となりますので相続人が複数いる際に1棟の建物を相続するよりも遺産分割が行いやすい点もメリットの1つです。駅近の物件や利便性のよい物件を選ばなければ将来の空室リスクが生じます。また、タワーマンションの高層階の部屋を購入して相続税を大きく節税する方法があります。ポイ...

  • 信託を活用した相続対策

    メリットとしては、贈与税がかからずに、親の財産管理を行うことができる、 高齢化した親が詐欺等にあうことを防ぐことができる、 契約を変更することで、その時の状況に応じた信託のカスタマイズが可能となる、といったことがあげられます。②受益者連続の信託は、子供がいない場合、自分の死後は財産を妻に、その妻が死亡後は残りの財...

  • 相続対策事例ケース4|不動産の現状把握と相続対策②

    また、「アパート2棟」は競争力に不安があり、法定耐用年数もほぼ消化され減価償却による節税メリットが得られていないことから、「月極駐車場」の売却益と併せた他の不動産への組み換えも視野に検討されるようご提案しました。3.現在の総資産状況と将来の相続税額を確認されたJ様は、ご家族と相続に備えて話し合われ、収益の柱である...

  • 配偶者居住権の解説と相続税評価について

    ここに大きなメリットがあります。配偶者居住権は配偶者であれば当然に認められるというわけではなく、遺贈や遺産分割協議などによって取得できる権利です。そのため、相続対策としては、確実に配偶者居住権を取得できるよう遺言書に明記しておくことが大切です。遺言書がない場合は、相続人同士で配偶者居住権を設定するかどうかを話し合...

  • 資金調達を税理士に依頼するメリット

    税理士に資金調達の相談するメリットには以下の3点があります。 ①資金調達がスムーズ個々の税理士にもよりますが、資金調達をサポートしている税理士の場合には、信用金庫や地銀などの金融機関とさまざまな会社の案件でやり取りをしていることが多い傾向にあります。そのため、御社の資金調達を相談するときもスムーズに金融機関の担当...

  • 賃貸併用住宅による資産運用で後悔しないためのポイント

    賃貸併用住宅を活用することによって多くのメリットもありますが、一歩間違えると後悔することにもつながります。賃貸併用住宅での資産運用で後悔しないためのポイントについて解説していきます。賃貸併用住宅での資産運用の概要賃貸併用住宅での資産運用は、例えば物件の1階を自宅に、2階を賃貸住宅にするといったような住む部屋と貸す...

  • 親子間での事業承継|成功のポイント、活用できる補助金など

    親子間事業承継を行うにあたっては、血縁関係者を後継者にするために取引先などの理解を得やすかったり、早い段階から後継者教育を出来るという点ではメリットがありますが、その一方で、経営スキルがないまま事業承継をして業績を悪化させたり、従業員からの評判を落としてしまったりするリスクがあります。そして事業承継の際には、贈与...

  • 不動産の家族信託|具体的な仕組みや注意点など

    一般的に「財産権」は所有者そのままに、「名義」のみを家族に変更するため、家族信託における贈与税や不動産取得税などの課税が負担がないのもメリットといえるでしょう。しかし、不動産の家族信託の決まりや手続きは複雑で、自分たちだけで進めるのは難しい場合があります。不動産の家族信託を利用するときは、税理士に相談しながら手続...

当事務所が提供する基礎知識

  • 資金調達の役割と目的につ...

    何か新しいビジネスに挑むタイミングや、既存のビジネスをさらに拡大しようとするときには、資金調達がそのビジネスの鍵を握るこ...

  • 承継方法のメリット及びデ...

    承継方法としては、親族内承継、従業員等への親族外承継、第三者への親族外承継(M&A)があげられます。後継者選びにあたって...

  • 資金調達の種類

    資金調達にはさまざまな種類があります。例えば、下記のような方法があります。 ■金融機関での融資信用金庫、銀行な...

  • 計画的な事業承継の重要性

    事業承継を円滑に進めるためには計画的に準備をすることが重要です。現状把握をしっかり行い、具体的な対策を実行しながら、後継...

  • その他の相続対策

    相続対策の3つの柱である「生前贈与」「生命保険」「不動産」以外の対策として、養子縁組を活用した相続対策があげられます。養...

  • 資金調達を税理士に依頼す...

    税理士は税や会計の専門家です。そのため、さまざまな業態・規模の会社の決算書を日々研究し、さまざまな税や法律に関する知識と...

  • 生前贈与を活用した相続対...

    生前贈与を活用した相続税対策は最も人気がありお手軽な対策ですので多くの方が実行しています。生前贈与といっても、様々な方法...

  • 事業承継対策の必要性

    中小企業経営者の高齢化が進む中、後継者の確保が困難になってきています。十分な事業承継対策をしていなかったために、相続問題...

  • 資産運用の種類

    資産運用にはさままな種類があります。事業投資、金融商品投資など主要な資産運用の中でも、特に不動産運用について解説していき...

  • 非上場株式の譲渡

    上場がなされていない株式のことを非上場株式、または未公開株式といいます。自由に譲渡ができない、譲渡制限がついている株式の...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ