042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

資産活用事例ケース5|不動産の老朽化。保有か?組み換えか?/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 資産活用 > 資産活用事例ケース5|不動産の老朽化。保有か?組み換えか?

資産活用事例ケース5|不動産の老朽化。保有か?組み換えか?

                             

■自宅以外の不動産は、築年が古くなっており今後の管理費や修繕費が不安。

■古い物件は、この先資産価値が下がるようなら売却しようか迷っている。

■このまま保有した場合の相続税額も気になる。相続税は少しでも低く抑えたい。

 

1. 各不動産の現状を把握する

 

     

2. 弊社からのご提案

G様のご所有資産は、「ご自宅」以外は築年数が20年以上経過しており、ご所有不動産の新陳代謝を検討すべき時期に来ていました。築年数に応じてある程度収支が悪化するのは避けられないため、改修や建替えなどの対策を実施すべきか、不動産のエリアや種別の将来性を踏まえて判断する必要がありました。

また、相続税額を簡易計算したところ、奥様の配偶者控除を利用しても、お子様たちに納税義務が生じ、二次相続時にさらに相続税が発生することが予想されました。そのため、相続税節税という観点も加味した対策を検討する必要がありました。この前提のうえで、各資産のご所有目的と現状を踏まえて課題を整理した結果、「地方の区分所有マンション」はより高値のタイミングで売却する、「郊外のアパート」と「都心の区分所有マンション」については資産の新陳代謝をはかるために組み換える、「都内のアパート」については有効活用を検討することなどをご提案しました。

3. 提案後の対策 

資産レポートをもとに、奥様やお子様たちと将来について話し合われた結果、都心にお住まいのお子様たちの意見を尊重し、遠距離にある「地方の区分所有マンション」と「郊外のアパート」は売却し、都心の区分所有マンションへ組み換えることにされました。

また、「都内のアパート」については、当社グループ会社から建替えプランを提案した後で結論を出すことにされた一方、「都心の区分所有マンション」は、ご長男様の現在のご自宅近くで思い入れがあるため、継続して保有する方針となりました。今後は当社から、さらに詳細な売却プランと、アパートの建替えプランをご提案する予定です。より良い資産承継のためにご家族で話し合われ、それぞれの想いや将来に向けての選択肢を明確にできたことで、G様の漠然としたお悩みは解消されつつあります。

当事務所が提供する基礎知識

  • 自社株の売却

    会社が経営難に陥っているとき、資金調達を行わないといけないときなどに「自社株の売却」は行われます。自社株の売却を行うと、...

  • 銀行からの融資を打ち切ら...

    銀行からの融資が打ち切られてしまった場合、資金ショートに陥り、倒産してしまう可能性もあります。融資が打ち切られてしまった...

  • 相続税の申告及び納税の期...

    相続税の申告と納税は、相続開始(被相続人の死亡)を知った日の翌日から10か月以内にしなければなりません。相続税の申告は原...

  • その他の相続対策

    相続対策の3つの柱である「生前贈与」「生命保険」「不動産」以外の対策として、養子縁組を活用した相続対策があげられます。養...

  • 相続対策事例ケース3|不...

                                  ■複数の不動産を所有している高齢の父親が、相続対策...

  • 資金繰りを改善する方法

    資金繰りを改善することは非常に重要です。例えば損益計算書では利益があるように見えても資金繰りがうまくいっていなければ、支...

  • 資産活用事例ケース3| ...

                                   ■両親が相次いで他界し、複数の不動産を...

  • 世田谷区の相続に強い税理...

    相続税の対策は非常に重要です。節税対策だけでなく、相続はトラブルの元ともなりうるため入念に準備していくことをおすすめしま...

  • 合併と買収の違いとは

    M&AとはMergers(合併) & Acquisitions(買収)の略語ですが、合併と買収はどう違う...

  • 日本政策金融公庫から融資...

    日本政策金融公庫での融資は金利が低く、返済期間を長く設定できるなどで人気の融資の方法です。しかし、すべての人が受けること...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ