042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

駐車場経営を個人ですることはできる?メリット・デメリットなど/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 資産活用 > 駐車場経営を個人ですることはできる?メリット・デメリットなど

駐車場経営を個人ですることはできる?メリット・デメリットなど

土地の活用方法がわからず遊休地となっている場合や、効率的に活用できていないような場合、土地を駐車場として活用することが選択肢の一つとなります。

 

では、駐車場経営はどのように行うのでしょうか。個人で経営することができる場合、そのメリット・デメリットは何でしょうか。

 

このページでは、駐車場の個人経営について、そのメリット・デメリットも併せてご紹介します。

 

■駐車場の個人経営

 

駐車場経営を個人で行うことは可能です。もっとも、土地を駐車場として個人で経営するに際して、以下のメリット・デメリットがあります。

 

【メリット】
オーナーしか駐車場経営に関与していないため、駐車場経営によって発生した収益はすべてオーナーの下に帰属します。集客等が上手くいけば一番儲かるのは個人経営の場合といえます。

 

また、解体や撤去を簡単に行うことができるため、短期的な土地活用にも適しています。

 

駐車場経営一般にいえるメリットですが、狭小地や法律上建物を建てることができない場所でも駐車場経営は可能であり、土地の広さ・形状にかかわらず駐車場経営をはじめやすい点にメリットがあります。

 

【デメリット】
初期費用やランニングコスト(経営を維持していくうえで必要な費用)、駐車場管理の手間がかかります。遠方に所有している土地であっても管理を自分自身で行う必要があるため、負担が大きい場合があります。

 

また、契約者の獲得や集客のための策を自分自身で講じる必要があるため、手間がかかります。

 

■個人経営ではない場合との比較

 

個人経営ではない経営形態として、管理委託方式や、一括借り上げ方式があります。

 

管理委託方式とは、駐車場の管理を不動産・駐車場運営会社に委託する経営方式のことをいいます。

 

管理の手間が省け、遠方の土地であっても手間なく管理することができる一方、個人経営の場合と異なり、すべて収入となるのではなく、管理委託料がかかります。

 

その他、初期費用がかかる点は個人経営と同様です。

 

一括借り上げ方式とは、土地を駐車場運営会社に賃貸し、運営会社が駐車場を運営し、同会社から賃料を得る形態をいいます。

 

収入が安定しており、管理の手間やランニングコストがかからない点、初期費用がかからない点にメリットがありますが、個人経営と異なり、稼働率や契約者数が増えても収入が変わりません。

 

■さいごに

 

以上のように、個人経営には、他の経営形態と異なり、売り上げが収入に直結する点に特徴があります。一方で、初期費用・ランニングコストがかかる点、自身で集客を行う必要がある点にデメリットがあります。

 

そのほか、駐車場経営一般のメリットやデメリットがあるため、遊休地を有している方や、土地を効率的に活用できていない方は、専門家の意見を聞いて土地を効率的に使う判断を行うことが求められます。

 

AMSconsulting株式会社では、立川市、武蔵野市、杉並区、世田谷区を中心とした東京都全域のエリアで、「資産活用」に関するご相談を承っております。「資産活用」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 資産活用事例ケース5|不...

                                 ■自宅以外の不動産は、築年が古くなっており今後の管理費や修繕費...

  • 資産活用事例ケース4|収...

                                  ■相続した築30年を超える一棟オフィスビル2棟の稼...

  • 不動産を活用した相続対策

    相続税の節税対策の中でも節税効果が大きい対策が不動産を使ったものです。賃貸マンションやアパートの建築、購入で不動産賃貸を...

  • 土地活用

    Q1:この土地でアパート、マンション等の賃貸経営はできるのだろうか?A1:賃貸住宅といってもそのタイプは様々です。 賃貸...

  • 不動産投資で失敗する人の...

    不動産投資は失敗であるか成功であるかの分かれ目は当然といえば当然ですが、最終的に利益が出たか否かです。例えば家賃収入はプ...

  • 相続対策事例ケース3|不...

                                  ■複数の不動産を所有している高齢の父親が、相続対策...

  • 資産活用事例ケース3| ...

                                   ■両親が相次いで他界し、複数の不動産を...

  • 合併と買収の違いとは

    M&AとはMergers(合併) & Acquisitions(買収)の略語ですが、合併と買収はどう違う...

  • 事業承継の準備

    近年、中小企業経営者の高齢化が進展しているといわれています。これは、中小零細企業において、後継者難が増加していること、平...

  • 立川市にお住まいで相続の...

    次世代に財産を引き継ぐ上で、常につきまとうのは税金の問題です。最大で55%の税率になる相続税は、形や金額を問わないさまざ...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ