042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

事業承継税制 とは/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 事業承継に関するキーワード > 事業承継税制 とは

事業承継税制 とは

  • 事業承継税制のメリット・デメリット

    事業承継税制とは、後継者が中小企業の株式を相続や贈与で引き継いだときに、本来支払うべき多額の相続税や贈与税の納税を猶予する制度です。猶予された税金は、将来的に免除されることを前提した制度です。中小企業の事業承継が喫緊の課題であり、日本経済に与える影響が非常に大きいことを、国は明確に認識しました。 経営者の高齢化が...

  • 事業承継税制とは?メリット・デメリットや利用要件など

    そのようなことがないようにするために、事業承継税制を活用した相続や贈与を行うことが一つの手段としてあげられます。  事業承継税制とは まず事業承継税制とはどのようなものなのでしょうか。事業承継税制とは、非上場企業が後継者に自社株を相続、または贈与を行う際に贈与税、相続税に関しては一定条件を満たせば猶予をする、とい...

  • 事業承継対策の必要性

    事業承継とは、"現経営者から後継者へ事業のバトンタッチ"を行うことですが、企業がこれまで培ってきたさまざまな財産(ヒト・モノ・カネ・知的財産)を上手に引き継ぐことが、承継後の経営を安定させるために重要となります。 AMSconsulting株式会社では、立川市、武蔵野市、杉並区、世田谷区を中心とした東京都全域のエ...

  • 後継者選定

    業務多忙な企業が、他の経営課題に優先して、将来の世代交代を見据えた事業承継の準備に取り組むことは、容易ではないでしょう。事業承継の準備の大部分は、経営者自身が取り組まねばならないことであり、特に、中小企業・小規模事業者に多いオーナー経営者の負担は、非常に大きいと考えられます。しかし、準備の不足するままに、突然の事...

  • 承継方法のメリット及びデメリット

    逆にデメリットとしては、①親族内に経営能力と意欲がある者がいるとは限らない、②相続人が複数いる場合には後継者の決定や経営権の集中が困難となる場合もあります。従業員等への親族外承継のメリットとしては、親族内に後継者として適任者がいない場合でも、候補者を確保しやすいことがあげられます。逆にデメリットとしては、①親族内...

  • 自社株対策

    また、自社株式の承継方法として、①暦年贈与で少しずつ後継者に贈与、②相続時精算課税制度を使ってまとめて後継者に贈与、③後継者が設立した資産管理会社に譲渡、④事業承継税制を活用した贈与、などがあげられます。相続時に活用できる特例としては、①金庫株の活用(後継者が相続した自社株式を相続発生後3年10ヶ月以内に自社に売...

  • 節税対策

    A:保有する不動産の固定資産税や、賃貸収入に対する所得税を軽減することは土地オーナーの重要な課題です。固定資産税などの節税だけではなく、将来の相続までを見すえて資産の活用プランをご提案。遊休地の賃貸アパート・マンション建築、ご自宅併用賃貸や、庭先を活用した賃貸アパート建築などご自宅の土地の有効活用、所有型法人を活...

  • 相続税の基礎知識

    相続税とは、日本の法律である「相続税法(昭和25年3月31日法律第73号)」に基づき課せられる税金のことを言います。 人の死亡を原因として、財産の移転が行われた際に、その財産を受けとったものにたいして課税が行われます。 相続税には、「富の再配分」という基本思想があり、貧富の差を緩和させるという経済政策が含まれてい...

  • 生前贈与を活用した相続対策

    おしどり贈与の特例とは、婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産の贈与又は居住用不動産を取得するための資金の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで贈与税が無税になる特例です。この特例を利用するための適用要件は主に3つ(①夫婦の婚姻期間が20年以上であること、②居住用不動産の贈与...

  • 不動産を活用した相続対策

    面積が広くなればなるほど評価が低くなる計算式になっていますが、これは広すぎる土地であれば一般の方が購入することは難しく、また不動産業者が購入したとしてもそのまま利用できず土地の中に道路を入れたりする負担があることから、通常の宅地よりも大きく評価を下げることができる規定が設けられているのです。地積が条件にギリギリ届...

  • その他の相続対策

    その国の税制の恩恵を受けるのであれば当然のことかもしれませんが、実行に移すことは容易ではありません。海外に財産を移転させる際にも税金がかかることがあるため本対策を実行するのであれば、海外移住の相続税対策スキーム立案の経験がある税理士に相談することが必要です。大がかりな対策になりますので専門家の力を借りずに自己判断...

  • 信託を活用した相続対策

    自分が死んだあとは、息子に、さらに息子が死んだあとは、孫に、というように、先の先の相続まで指定を行うことが可能となります。また、別のケースとして、仮に現金が1000万円あります。自分が死んだ場合、この1000万円は月々1万円ずつ長男が取得するように指定し、さらに長男が亡くなった場合には、残りの部分は国に寄付をした...

  • 遺留分・遺留分侵害額請求権とは?

    ■遺留分とは相続は基本的に故人の遺志を尊重するため、遺言書があった場合は基本的にその遺言の内容が最優先されます。しかし例えば、遺言書に「全ての財産を愛人に譲る」趣旨の内容が記載されていたとすれば、残された家族はこれまでの生活を維持していくのが困難になります。そこで民法は、一定の相続人が最低限度相続できる割合を「遺...

  • 配偶者居住権の解説と相続税評価について

    「配偶者(短期)居住権」とは、簡単に説明すると、被相続人(故人のこと)が所有していた建物(自宅など)に居住していた配偶者が、相続開始後もその建物に無償で住み続けることができるという権利をいいます。これまでの相続法では、被相続人の配偶者は、遺産分割の関係で住み慣れた住居を明渡すか売却せざるを得なかったり、自宅を相続...

  • 資金調達の種類

    クラウドファンディングとは、インターネット等で必要な資金を広く募り、資金調達することを言います。ただ単に寄付としてお金を集めることもあれば、資金調達の対価に開発した商品などをお返しする方法、出資者に株式を割り当てる方法などさまざまな手法があります。 ■補助金等創業補助金やものづくり補助金など、新たに何かをしようと...

  • 立川市にお住まいで相続の事前対策を検討中の方

    すなわち、相続の対象となる権利や財産の形を変えたり、移動したりすることは、資産の保有者が死亡する前におこなう必要があります。 どのような相続税対策をおこなうべきか、いつから何をすべきかなど、具体的な内容は、資産状況や親族構成によりさまざまです。専門知識を持ち、寄り添って考えてくれる税理士に相談することをおすすめし...

  • 資金繰りを改善する方法

    資金繰りを改善することは非常に重要です。例えば損益計算書では利益があるように見えても資金繰りがうまくいっていなければ、支払い能力に疑問を持たれ、例えば金融機関から融資を受ける際に不利になる可能性があります。 資金繰りを改善するためには入ってくるお金を増やすこと、出ていくお金を少なくすること、というお金の入口と出口...

  • 合併と買収の違いとは

    M&AとはMergers(合併) & Acquisitions(買収)の略語ですが、合併と買収はどう違うのでしょうか。 まず合併とは複数の会社を1つの会社に統合させる方法のことです。さらに合併には2つの種類があります。吸収合併と新設合併です。吸収合併とは例えば会社Aを会社Bに統合し、会社Aが消滅するというものです...

  • 銀行からの融資を打ち切られた場合

    リスケジュールとは返済期限や月毎の返済金額の変更といった返済条件の変更のことですが、融資を打ち切られてもリスケジュールには応じてくれる場合は存在します。 その他、代表者やその親族から一時的に資金を借りるという方法や、売掛金を買い取ってもらって現金化する「ファクタリング」という方法などがあります。 資金繰りを改善す...

  • M&Aで活用できる補助金制度とは

    「経営資源引継ぎ補助金」とは一体どのような補助金であり、どのような条件の時に受けることが出来るものなのでしょうか。 ■「経営資源引継ぎ補助金」の概要「経営資源引継ぎ補助金」とはM&Aによって事業の引継ぎを行いたいが、資金がなくてM&Aをなかなか実行できない買い手側、そしてM&Aによって事業を売りたいけど経費がもろ...

  • 銀行融資の審査に通らない理由|知っておくべき審査のポイントとは

    いくら企業が赤字でも融資が通ることはあります。しかし、そのような企業は赤字の理由が明確であり、将来の事業計画も確実性のある売上計画などを出せる企業です。再現性のある、そして確実性のある事業計画書を作ることが大切です。 ・代表者個人に借入事故がある法人と個人は全く別物ですが、それでも代表者個人に過剰債務や借り入れの...

  • 土地の生前贈与と相続、どちらが得?

    生前贈与とは、土地の所有者が、贈与を受けるものに対して土地などの特定のものの所有権を与える契約をいいます。 一方で相続とは、被相続人の死亡と同時に発生するもので、被相続人の死亡時に被相続人に属していた一切の権利義務を相続人に包括的に承継させるものをいいます。 両者は死亡前に行うか、死亡と同時に行われるかといった点...

  • M&Aとは?特徴や流れなどわかりやすく解説

    M&Aとは、Mergers and Acquisitions(合併と買収)の頭文字をとった略語で、企業の合併・買収を意味します。 近年、資金の調達や後継人不足の解消、経営戦略等のニーズからM&Aの事例が多くなってきています。 このページでは、M&Aとは何か、その特徴や流れについてわかりやすく解説いたします。 ■M...

  • 駐車場経営を個人ですることはできる?メリット・デメリットなど

    駐車場経営を個人で行うことは可能です。もっとも、土地を駐車場として個人で経営するに際して、以下のメリット・デメリットがあります。 【メリット】オーナーしか駐車場経営に関与していないため、駐車場経営によって発生した収益はすべてオーナーの下に帰属します。集客等が上手くいけば一番儲かるのは個人経営の場合といえます。 

  • 一次相続と二次相続の相続税の違い|対策も併せて解説

    一次相続と二次相続の違いとは 一次相続と二次相続には相続人に配偶者がいるかどうかが関わってきます。一次相続には配偶者がいるのに対し、二次相続には配偶者がおらず配偶者控除を活用することができない、ということが大きな違いです。 配偶者控除とは配偶者が相続する財産のうち法定相続分もしくは1億6000万円のいずれか多い方...

  • 海外不動産投資の特徴や押さえておくべきメリット・デメリット

    海外不動産投資の特徴とは 海外不動産投資の特徴としては主に先進国での投資と新興国での投資によって分かれます。先進国での投資に関しては日本よりも基盤が安定している状況の中で、日本よりも高い利回りを得ることができたり、一方で新興国では先進国よりもはるかに高い利回りを得ることができたりします。このように海外不動産投資で...

当事務所が提供する基礎知識

  • 相続対策事例ケース3|不...

                                  ■複数の不動産を所有している高齢の父親が、相続対策...

  • 不動産を活用した相続対策

    相続税の節税対策の中でも節税効果が大きい対策が不動産を使ったものです。賃貸マンションやアパートの建築、購入で不動産賃貸を...

  • M&Aで活用でき...

    事業承継の際にはM&Aを活用する方法もあります。しかし、M&Aでの事業承継にはお金もかかり、事業承継出来...

  • 土地の生前贈与と相続、ど...

    土地の所有権を移転する方法として、「生前の贈与」と「相続」が考えられます。 生前贈与とは、土地の所有者が、贈与...

  • 不動産投資で失敗する人の...

    不動産投資は失敗であるか成功であるかの分かれ目は当然といえば当然ですが、最終的に利益が出たか否かです。例えば家賃収入はプ...

  • 信託を活用した相続対策

    平成19年に信託法が改正され、昨今では「信託」が一般の方にも非常に使い易いものになってきました。信託を使えば劇的な節税対...

  • 等価交換

    Q:共有状態で手が付けられそうにないがどうしたらよいだろうか?A:共有状態の土地や、権利関係が複雑な土地を整理・活用する...

  • 合併と買収の違いとは

    M&AとはMergers(合併) & Acquisitions(買収)の略語ですが、合併と買収はどう違う...

  • 相続財産の評価方法

    相続税を計算するときは、相続した財産ごとに価値を計算しなければなりません。預貯金は通帳などで金額が明らかになりますが、土...

  • 立川市にお住まいで相続の...

    次世代に財産を引き継ぐ上で、常につきまとうのは税金の問題です。最大で55%の税率になる相続税は、形や金額を問わないさまざ...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ