042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

住宅取得資金 贈与 タイミング/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 相続対策に関するキーワード > 住宅取得資金 贈与 タイミング

住宅取得資金 贈与 タイミング

  • 相続税対策にもなる住宅取得資金の贈与で注意するタイミングとは

    相続税対策として生前贈与を行うことは重要なポイントですが、その中でも子が住宅を取得する費用を補助するために贈与を行うケースもあります。この住宅取得のための生前贈与を行うことで、住宅取得資金贈与として贈与税の軽減を行うことができます。相続税対策にもなる住宅取得資金贈与で注意すべきこと、特にタイミングについて解説...

  • 家族に株式譲渡する際の注意点

    家族に株式を譲渡するとき、特に自営業で会社を経営している人にとって、いつかはおとずれる世代交代のタイミングで、自分の会社の未上場株式を譲渡するとき、誰にどのような手続きで譲渡すべきかは一つの悩みの種になることがあります。株式の譲渡には契約書作成や株主名簿の変更など、法律的な手続きがあるだけでなく、税金の論点も発生...

  • 事業承継税制のメリット・デメリット

    事業承継税制とは、後継者が中小企業の株式を相続や贈与で引き継いだときに、本来支払うべき多額の相続税や贈与税の納税を猶予する制度です。猶予された税金は、将来的に免除されることを前提した制度です。中小企業の事業承継が喫緊の課題であり、日本経済に与える影響が非常に大きいことを、国は明確に認識しました。 経営者の高齢化が...

  • 自社株対策

    また、自社株式の承継方法として、①暦年贈与で少しずつ後継者に贈与、②相続時精算課税制度を使ってまとめて後継者に贈与、③後継者が設立した資産管理会社に譲渡、④事業承継税制を活用した贈与、などがあげられます。相続時に活用できる特例としては、①金庫株の活用(後継者が相続した自社株式を相続発生後3年10ヶ月以内に自社に売...

  • 計画的な事業承継の重要性

    親族内承継の場合は、①関係者の理解(事業承継計画の公表や社内への下請法遵守の周知徹底)、②後継者教育(社内教育や社外教育、セミナーの活用)、③株式及び財産の分配(株式保有状況の把握、財産分配方針の決定、生前贈与の検討、遺言の活用、会社法の活用、その他手法の検討)などを考慮しながら実施していきます。従業員等への親族...

  • 相続税の基礎知識

    生前贈与された財産のうち、遺産を相続した人が過去3年以内に被相続人から贈与された財産(配偶者控除や各種非課税制度を適用した財産は除く)、贈与のときに相続時精算課税を適用した財産は、贈与したときの価額で相続税の課税対象に加算します。過去3年以内に贈与された財産を相続税の課税対象に含めるのは、生前贈与で相続税を低く抑...

  • 生前贈与を活用した相続対策

    生前贈与を活用した相続税対策は最も人気がありお手軽な対策ですので多くの方が実行しています。生前贈与といっても、様々な方法があります。生前贈与については年間110万円以内であれば贈与税がかからない基礎控除枠があるため、子や孫に年間110万円以内の金額の生前贈与を実行することで毎年贈与した分が非課税となります。生前贈...

  • 生命保険を活用した相続対策

    相続税の節税対策として生前贈与の次によく用いられるのが生命保険を活用した相続税対策です。生命保険と聞くともう加入できる年齢ではないからとあきらめる方も多いですが、実際には相続税対策用として90歳まで健康診断なしで加入できる生命保険もあります。生命保険契約にもとづいて相続発生後に支払われる死亡保険金については、「5...

  • その他の相続対策

    相続対策の3つの柱である「生前贈与」「生命保険」「不動産」以外の対策として、養子縁組を活用した相続対策があげられます。養子縁組を行い相続人を増やすことで相続税を節税する方法です。相続税の計算方法は相続人の人数が多ければ多いほど相続税が減額される仕組みとなっているため養子を増やすことで相続税が減額されます。養子を増...

  • 信託を活用した相続対策

    メリットとしては、贈与税がかからずに、親の財産管理を行うことができる、 高齢化した親が詐欺等にあうことを防ぐことができる、 契約を変更することで、その時の状況に応じた信託のカスタマイズが可能となる、といったことがあげられます。②受益者連続の信託は、子供がいない場合、自分の死後は財産を妻に、その妻が死亡後は残りの財...

  • 資産活用事例ケース4|収益悪化による用途変更の検討

    今後は、売却のタイミングを見極めるためにも、定期的に資産レポートを作成し、市場動向を確認していきたいとのことでした。 

  • 資産活用事例ケース5|不動産の老朽化。保有か?組み換えか?

    この前提のうえで、各資産のご所有目的と現状を踏まえて課題を整理した結果、「地方の区分所有マンション」はより高値のタイミングで売却する、「郊外のアパート」と「都心の区分所有マンション」については資産の新陳代謝をはかるために組み換える、「都内のアパート」については有効活用を検討することなどをご提案しました。3.資産レ...

  • 遺留分・遺留分侵害額請求権とは?

    遺贈や贈与を受けた者が、直ちに金銭を準備することができない場合は、裁判所に支払期限の猶予を求めることができます(改正民法1047条5項)。この遺留分侵害額請求は、遺留分を請求できる者が「相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から」1年以内に行使しなければ時効により消滅します(改正民法10...

  • 資金調達の役割と目的について

    何か新しいビジネスに挑むタイミングや、既存のビジネスをさらに拡大しようとするときには、資金調達がそのビジネスの鍵を握ることがあります。資金調達をすることでその会社の資産だけでは実現できなかった大きな試みをすることができ、結果として大きな見返りを得ることができます。 例えば、脱サラした方が個人経営の居酒屋を開業しよ...

  • 非上場株式の譲渡

    家族経営が多い日本企業において、事業承継の際は後継者に株式を贈与したり、相続することが一般的でした。しかし、近年は少子高齢化などの影響もあり、従業員や社外の第三者が事業承継をするケースも少なくありません。そうした時に非上場株式を譲渡して事業承継を行う必要があるのです。 では次にどのようにして非上場株式を譲渡するの...

  • 土地の生前贈与と相続、どちらが得?

    土地の所有権を移転する方法として、「生前の贈与」と「相続」が考えられます。 生前贈与とは、土地の所有者が、贈与を受けるものに対して土地などの特定のものの所有権を与える契約をいいます。 一方で相続とは、被相続人の死亡と同時に発生するもので、被相続人の死亡時に被相続人に属していた一切の権利義務を相続人に包括的に承継さ...

  • 事業承継税制とは?メリット・デメリットや利用要件など

    事業承継を行う際には、自社株や事業用資産を引き継ぐことになるため贈与税や相続税が多くかかってしまう傾向にあります。もし事業承継の際に相続税や贈与税が多くかかってしまった場合、事業承継が困難になり事業を継続できなくなる可能性も考えられるのです。そのようなことがないようにするために、事業承継税制を活用した相続や贈与を...

  • 親子間での事業承継|成功のポイント、活用できる補助金など

    そして事業承継の際には、贈与税、相続税の対策が必要となることなどが注意点としてあげられます。親族間での事業承継をすることから、従業員などの関係者の理解を得ることはもちろんですが、後継者教育をしっかりと行うこと、そして事業承継になるべくお金をかけないことは重要なポイントとなります。親子間事業承継で活用できる補助金

当事務所が提供する基礎知識

  • 遺留分・遺留分侵害額請求...

    ■遺留分とは相続は基本的に故人の遺志を尊重するため、遺言書があった場合は基本的にその遺言の内容が最優先されます。しかし例...

  • 相続対策事例ケース4|不...

                                  ■母が高齢となり、相続の際に弟や妹と揉めないか不安...

  • 立川市にお住まいで相続の...

    次世代に財産を引き継ぐ上で、常につきまとうのは税金の問題です。最大で55%の税率になる相続税は、形や金額を問わないさまざ...

  • 銀行融資の審査を通すには

    銀行融資は、金利が低く融資を受けることができるが、審査や基準が厳しかったり、中には保証人や担保を必要とする場合もあります...

  • 相続税対策にもなる住宅取...

    相続税対策として生前贈与を行うことは重要なポイントですが、その中でも子が住宅を取得する費用を補助するために贈与を行うケー...

  • 不動産投資で失敗する人の...

    不動産投資は失敗であるか成功であるかの分かれ目は当然といえば当然ですが、最終的に利益が出たか否かです。例えば家賃収入はプ...

  • 資産の組み換え

    Q:賃貸住宅以外で土地活用はができないものか?A:土地活用において賃貸マンション・アパートの建設・運営は有効な方法のひと...

  • M&Aで活用でき...

    事業承継の際にはM&Aを活用する方法もあります。しかし、M&Aでの事業承継にはお金もかかり、事業承継出来...

  • 自社株対策

    自社株対策としては、次のようなものが考えられます。①類似業種批准価額を引き下げるケース(3要素(配当、利益、純資産)を引...

  • 事業承継対策の必要性

    中小企業経営者の高齢化が進む中、後継者の確保が困難になってきています。十分な事業承継対策をしていなかったために、相続問題...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ