042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

相続税対策 マンション/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 相続対策に関するキーワード > 相続税対策 マンション

相続税対策 マンション

  • 不動産を活用した相続対策

    賃貸マンションやアパートの建築、購入で不動産賃貸を行い、大幅な節税が可能となります。第三者に賃貸する土地や建物は相続税評価額が大きく下がる計算方法になっています。例えば現金1億円は相続発生時も1億円の評価額ですが、その現金で賃貸アパートを建築すると相続発生時の評価額は4,200万円になるのです。「不動産を購入すれ...

  • 相続対策事例ケース3|不動産の現状把握と相続対策①

    また、ある程度の金融資産をお持ちとのことから、相続時の納税対策や分割対策も視野に、都心部のタワーマンション複数戸の購入もご提案しました。「ご自宅」と「ご自宅隣接の月極駐車場」は一体利用による利用価値・資産価値の向上が見込めることから守るべき資産と位置づけ、将来的な活用もご検討いただくようお勧めしました。一方、「借...

  • マンションの購入は相続税対策になる?仕組みや理由など解説

    相続が発生する際には相続財産に応じて相続税を支払わなければなりませんが、相続税対策として有効なものにマンションの購入があります。マンションを購入することによって節税になる仕組みや、なぜ節税効果があるのかについて解説をしていきます。 ■マンション購入は節税効果がある?マンションの購入には節税効果があります。通常現金...

  • 事業承継対策の必要性

    事業承継は相続税対策と見られがちですが、相続税対策は事業承継対策の一部に過ぎません。事業承継とは、"現経営者から後継者へ事業のバトンタッチ"を行うことですが、企業がこれまで培ってきたさまざまな財産(ヒト・モノ・カネ・知的財産)を上手に引き継ぐことが、承継後の経営を安定させるために重要となります。 AMSconsu...

  • 節税対策

    遊休地の賃貸アパート・マンション建築、ご自宅併用賃貸や、庭先を活用した賃貸アパート建築などご自宅の土地の有効活用、所有型法人を活用した賃貸事業のサポート など弊社代表が資産税の専門家であることから、活用後の効果やご所有資産全体への影響なども考慮しながら立案いたします。 AMSconsulting株式会社では、立川...

  • 等価交換

    A:共有状態の土地や、権利関係が複雑な土地を整理・活用する最適な方法が、等価交換事業によるマンション建設です。等価交換事業はご所有地にデベロッパーがマンションを建設し、ご提供いただいた持分に応じて区分所有住戸を取得する活用法です。土地オーナーとデベロッパーが出資比率に応じてマンションの住戸を取得する等価交換事業、...

  • 土地活用

    Q1:この土地でアパート、マンション等の賃貸経営はできるのだろうか?A1:賃貸住宅といってもそのタイプは様々です。 賃貸住宅経営をご提案するうえで、まず敷地規模や法的規制を確認し、周辺エリアの賃貸マーケット動向を徹底的に分析します。計画地周辺エリアマーケット調査&計画地の法規制チェック、賃貸マンション・アパート、...

  • 資産の組み換え

    A:土地活用において賃貸マンション・アパートの建設・運営は有効な方法のひとつです。しかし、周辺エリアのマーケットやニーズを徹底的に調査することで、新たな可能性を見出すこともあります。賃貸住宅だけでなく、暫定利用や狭小地の活用なら時間貸駐車場経営、土地を手放すことなく活用でき、テナント選定のお手伝いまでサポートする...

  • 不動産の有効活用

    A:何かしなければという思いはあるけれど、あまり手間はかけたくないし、借り入れをして賃貸マンションを建てたりするのはリスクが大きい。ただ建物を建てるだけではなく、暫定期間の活用として有効な時間貸駐車場経営、少ない投資で長期にわたる活用が可能な事業用定期借地事業、少ない投資で資産を交換する等価交換事業 など、ご事情...

  • 資産活用について

    提案メニューといたしましては、①賃貸アパート、マンションの建設や運営、②賃貸ビル、店舗の建設や運営、③資産の組み換え、④駐車場事業、⑤等価交換事業、⑥事業用定期借地、⑦医療、福祉施設建設、などがございいます。 AMSconsulting株式会社では、立川市、武蔵野市、杉並区、世田谷区を中心とした東京都西部多摩地区...

  • 相続税の基礎知識

    子供や孫が成人したときに渡してあげようと、子供や孫名義の口座に貯蓄していた場合、相続税対策の一環として、妻名義の口座に自分の貯金を移していた場合、妻が専業主婦であるにもかかわらず、妻名義の口座の残高が夫名義の口座より多い場合などが想定されます。課税対象になる財産は、形があって目に見えるものだけとは限りません。たと...

  • 生前贈与を活用した相続対策

    生前贈与を活用した相続税対策は最も人気がありお手軽な対策ですので多くの方が実行しています。生前贈与といっても、様々な方法があります。生前贈与については年間110万円以内であれば贈与税がかからない基礎控除枠があるため、子や孫に年間110万円以内の金額の生前贈与を実行することで毎年贈与した分が非課税となります。生前贈...

  • 生命保険を活用した相続対策

    相続税の節税対策として生前贈与の次によく用いられるのが生命保険を活用した相続税対策です。生命保険と聞くともう加入できる年齢ではないからとあきらめる方も多いですが、実際には相続税対策用として90歳まで健康診断なしで加入できる生命保険もあります。生命保険契約にもとづいて相続発生後に支払われる死亡保険金については、「5...

  • その他の相続対策

    養子を増やして相続税対策を行う際には無制限にはできない点に注意が必要です。実子がいる人は相続税で控除対象に含むことができる養子は1人まで、実子がいない方は2人までと決められており行き過ぎた相続税対策の歯止め措置がとられています。また相続税対策のためだけに養子縁組をしていると税務署から租税回避といわれてしまいます。...

  • 資産活用事例ケース1|不動産の老朽化。保有か?売却か?

    ■ 地方の郊外一棟マンションと地方の駅前区分所有マンションは 相当古くなってきたせいか、管理費や修繕費が増えてきた。■ 地方の郊外区分所有マンションの1戸はセカンドハウスとして購入したが、最近あまり利用していない。■ 地方の3物件は、この先資産価値が下がるようなら売却しようかと考えている。■ 自宅近くの区分所有マ...

  • 資産活用事例ケース2|相続不動産の現状把握

    B様のご所有不動産は、収益性、流動性、相続税の圧縮効果等の各分析の結果、現時点で早急に解決すべき問題はありませんでしたが「一棟マンション」の管理コストやメンテナンスコストが高額であったことから、管理会社の見直しをご提案しました。また、将来のB様の相続を見すえた場合、ご家族への円滑な承継の観点から、「アパート」や「...

  • 資産活用事例ケース4|収益悪化による用途変更の検討

    ■周辺では、老朽化したオフィスビルからマンションへ建て替えられている。このままオフィスビル経営を続けて大丈夫だろうか。■相続で受け継いだ大切な不動産なので、できるだけ保有し続けたい。  1.      2.現在のご所有不動産のすべてを継続保有していきたいというD様のご意向を受けて、各不動産を分析した結果、ほぼすべ...

  • 相続対策事例ケース1|低収益不動産の組み換え

    一方「月極駐車場」は流通性が高いことから「有効活用」と「売却」が選択できましたが、安易に住居系建物を建てるのはリスクが高いこと、また同エリアにはすでに福祉・医療施設等が多数運営されており、新規参入は難しい状況だったことから、「アパート」と「月極駐車場」を売却し、ご所有されている「一棟マンション」と同程度の収益性と...

  • 相続対策事例ケース2|低収益不動産の組み換え

    F様のご所有不動産は、一棟マンションとアパートが中心で、かつエリアも分散していました。そこで、資産レポートで得られた結果と各不動産のご所有目的を整理し、お子様たちへの分割を想定したご提案をさせていただきました。具体的には、「ご自宅」は小規模宅地の特例が利用できるご長男様が相続することで、高い相続税の圧縮効果を得ら...

  • 資産活用事例ケース5|不動産の老朽化。保有か?組み換えか?

    この前提のうえで、各資産のご所有目的と現状を踏まえて課題を整理した結果、「地方の区分所有マンション」はより高値のタイミングで売却する、「郊外のアパート」と「都心の区分所有マンション」については資産の新陳代謝をはかるために組み換える、「都内のアパート」については有効活用を検討することなどをご提案しました。3.資産レ...

  • 資産活用事例ケース6|投資不動産のキャッシュフローの改善

    ■家族構成の変化で近隣の賃貸マンションに引越したため、元々住んでいた都心の区分所有マンションを賃貸運用している。気に入っているのでいずれは戻る可能性もある。しかし、高額賃料ということもあり、この先の不動産の市況を考えると賃貸運営を継続するか売却するのかを悩んでいる。■複数の金融機関から高い金利で借り入れをしており...

  • 相続対策事例ケース4|不動産の現状把握と相続対策②

    なお、「月極駐車場」は相続税評価額の圧縮効果があまり得られない状況から、一部または全部を売却して、相続時に分割しやすい都心区分所有マンション等への組み換えも選択肢のひとつとしてご提案しました。また、「アパート2棟」は競争力に不安があり、法定耐用年数もほぼ消化され減価償却による節税メリットが得られていないことから、...

  • 相続対策事例ケース5|不動産の組み換え

    具体的には、「月極駐車場」を時間貸駐車場に変更し、「都内の一棟マンション」は賃貸住宅運営管理会社とのサブリース契約を、「都内のアパート」は賃貸管理業務委託し、継続保有することをご提案しました。また、「近県の一棟マンション」は大規模修繕の時期が迫っていることや稼働率の低下、相続後の分割も考慮して、区分所有マンション...

  • 立川市にお住まいで相続の事前対策を検討中の方

    相続税対策をしてあるかどうかは、実際に承継される財産、税金の負担に大きく影響します。そして相続税対策は、あらかじめ対策方法を練っておくことが重要です。そもそも相続は、死亡した人の権利や資産が一定の身分関係の人に承継されることです。すなわち、相続の対象となる権利や財産の形を変えたり、移動したりすることは、資産の保有...

  • 世田谷区の相続に強い税理士をお探しの方へ

    当社は相続対策を強みとしており、中でも不動産の相続税対策に強みをもっています。相続税対策において「不動産」の存在は非常に重要です。日本の資産家の多くは、財産の中に占める不動産の割合が高く、相続税の負担も大きくなる傾向にあります。何も相続税対策を行わないまま相続を迎えてしまいますと、多額の相続税負担により、慌てて不...

当事務所が提供する基礎知識

  • 銀行融資の審査に通らない...

    事業拡大のために資金調達を検討している企業は多いかと思いますが、なかなか審査が通らないというケースもよくあります。銀行融...

  • 合併と買収の違いとは

    M&AとはMergers(合併) & Acquisitions(買収)の略語ですが、合併と買収はどう違う...

  • 生前贈与を活用した相続対...

    生前贈与を活用した相続税対策は最も人気がありお手軽な対策ですので多くの方が実行しています。生前贈与といっても、様々な方法...

  • 資産活用について

    土地の持つ可能性を多角的な検討で確実に活かす方策を考えていきます。大切に守り続けてきた資産を、ご家族のこれからのために活...

  • 土地活用

    Q1:この土地でアパート、マンション等の賃貸経営はできるのだろうか?A1:賃貸住宅といってもそのタイプは様々です。 賃貸...

  • 事業承継の準備

    近年、中小企業経営者の高齢化が進展しているといわれています。これは、中小零細企業において、後継者難が増加していること、平...

  • 銀行融資の審査を通すには

    銀行融資は、金利が低く融資を受けることができるが、審査や基準が厳しかったり、中には保証人や担保を必要とする場合もあります...

  • 事業承継対策の必要性

    中小企業経営者の高齢化が進む中、後継者の確保が困難になってきています。十分な事業承継対策をしていなかったために、相続問題...

  • 後継者選定

    後継者を決める際には、経営者として資質のある人を後継者に選ぶことが重要です。業務多忙な企業が、他の経営課題に優先して、将...

  • 自社株対策

    自社株対策としては、次のようなものが考えられます。①類似業種批准価額を引き下げるケース(3要素(配当、利益、純資産)を引...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ