042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

駐車場 経営 個人/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 資産活用に関するキーワード > 駐車場 経営 個人

駐車場 経営 個人

  • 駐車場経営を個人ですることはできる?メリット・デメリットなど

    土地の活用方法がわからず遊休地となっている場合や、効率的に活用できていないような場合、土地を駐車場として活用することが選択肢の一つとなります。 では、駐車場経営はどのように行うのでしょうか。個人経営することができる場合、そのメリット・デメリットは何でしょうか。 このページでは、駐車場個人経営について、そのメリ...

  • 事業承継税制のメリット・デメリット

    経営者の高齢化が急速に進展しており(年齢分布のピークが60歳代半ば)、これを放置すると10年間で約650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われると試算されています。 しかし、これまでの事業承継税制は、制度ができて8年ほど経過していますが、これまでの累計で全国で1,965件にすぎませんでした。 今回、平成30年度...

  • 承継方法のメリット及びデメリット

    誰に会社(経営)を承継させるかで、以下のようなメリット・デメリットがあります。親族内承継のメリットとしては、①内外の関係者から心情的に受け入れられやすい、②後継者を早期に決定し、長期の準備期間を確保できる、③他の方法と比べて、所有と経営の分離を回避できる可能性が高い、といったことがあげられます。逆にデメリットとし...

  • 事業承継の準備

    近年、中小企業経営者の高齢化が進展しているといわれています。これは、中小零細企業において、後継者難が増加していること、平均寿命上昇や事業承継時期の遅れにより社長在任期間が長期化していることが原因と考えられます。また、経営力を引き継ぐための後継者の育成に必要な期間として5年~10年はかかると考えている経営者が多く存...

  • 資産の組み換え

    賃貸住宅だけでなく、暫定利用や狭小地の活用なら時間貸駐車場経営、土地を手放すことなく活用でき、テナント選定のお手伝いまでサポートする店舗等への定期借地、医院や福祉施設、保育園の建設、収益性の高い資産へ組み換え など多彩なサービスメニューの中から最適な活用法をご提案いたします。 AMSconsulting株式会社で...

  • 不動産の有効活用

    ただ建物を建てるだけではなく、暫定期間の活用として有効な時間貸駐車場経営、少ない投資で長期にわたる活用が可能な事業用定期借地事業、少ない投資で資産を交換する等価交換事業 など、ご事情やご要望に合わせた幅広い活用メニューをご提案します。また、活用したその時限りだけでなく、活用後も弊社がフォローアップすることにより、...

  • 計画的な事業承継の重要性

    中長期の経営計画に事業承継の時期、具体的な対策を盛り込むことが重要になります。親族内承継の場合は、①関係者の理解(事業承継計画の公表や社内への下請法遵守の周知徹底)、②後継者教育(社内教育や社外教育、セミナーの活用)、③株式及び財産の分配(株式保有状況の把握、財産分配方針の決定、生前贈与の検討、遺言の活用、会社法...

  • 資金調達の役割と目的について

    例えば、脱サラした方が個人経営の居酒屋を開業しようとして、仮に800万円の内装費と500万円の諸費用(家賃・敷金・人件費など)が必要だったとします。これまでに貯めたお金が500万円ほどであった場合、開業資金である1300万円には到底届かず、もう少し貯金をしてから開業にこぎつけなければならなくなります。もう少し貯金...

  • 家族に株式譲渡する際の注意点

    家族に株式を譲渡するとき、特に自営業で会社を経営している人にとって、いつかはおとずれる世代交代のタイミングで、自分の会社の未上場株式を譲渡するとき、誰にどのような手続きで譲渡すべきかは一つの悩みの種になることがあります。株式の譲渡には契約書作成や株主名簿の変更など、法律的な手続きがあるだけでなく、税金の論点も発生...

  • M&Aで活用できる補助金制度とは

    そのような際に活用できるものが「経営資源引継ぎ補助金」という補助金であり、M&Aの際に大きな効果を果たす補助金になります。「経営資源引継ぎ補助金」とは一体どのような補助金であり、どのような条件の時に受けることが出来るものなのでしょうか。 ■「経営資源引継ぎ補助金」の概要「経営資源引継ぎ補助金」とはM&Aによって事...

  • 事業承継対策の必要性

    中小企業経営者の高齢化が進む中、後継者の確保が困難になってきています。十分な事業承継対策をしていなかったために、相続問題などにより会社の業績が悪化してしまったケースも存在します。中小企業にとって、事業承継問題は非常に重要な問題です。スムーズな事業承継のためには事前の準備が大切です。対策をすれば、①取引先との信頼関...

  • 後継者選定

    後継者を決める際には、経営者として資質のある人を後継者に選ぶことが重要です。業務多忙な企業が、他の経営課題に優先して、将来の世代交代を見据えた事業承継の準備に取り組むことは、容易ではないでしょう。事業承継の準備の大部分は、経営者自身が取り組まねばならないことであり、特に、中小企業・小規模事業者に多いオーナー経営者...

  • 土地活用

    Q1:この土地でアパート、マンション等の賃貸経営はできるのだろうか?A1:賃貸住宅といってもそのタイプは様々です。 賃貸住宅経営をご提案するうえで、まず敷地規模や法的規制を確認し、周辺エリアの賃貸マーケット動向を徹底的に分析します。計画地周辺エリアマーケット調査&計画地の法規制チェック、賃貸マンション・アパート、...

  • 資産活用について

    提案メニューといたしましては、①賃貸アパート、マンションの建設や運営、②賃貸ビル、店舗の建設や運営、③資産の組み換え、④駐車場事業、⑤等価交換事業、⑥事業用定期借地、⑦医療、福祉施設建設、などがございいます。 AMSconsulting株式会社では、立川市、武蔵野市、杉並区、世田谷区を中心とした東京都西部多摩地区...

  • 資産活用事例ケース3| 共有不動産の検討

    ご両親の相続にあたって現金のほとんどを納税資金として充当していたことから、共有解消のための資金を捻出するため、時価評価額と流通性の高い「月極駐車場」の売却をお勧めしました。さらに、一戸建てはお姉様の単独所有として引き続きご自宅としてご利用いただき、「アパート」2棟についてはC様とお姉様で1棟ずつ単独所有とすること...

  • 資産活用事例ケース4|収益悪化による用途変更の検討

    このままオフィスビル経営を続けて大丈夫だろうか。■相続で受け継いだ大切な不動産なので、できるだけ保有し続けたい。  1.      2.現在のご所有不動産のすべてを継続保有していきたいというD様のご意向を受けて、各不動産を分析した結果、ほぼすべてが継続保有に問題ない物件と判断しました。ただし「都内のオフィスビル」...

  • 相続対策事例ケース1|低収益不動産の組み換え

    ■月極駐車場は、住宅メーカーなどから賃貸アパート建築をはじめとする有効活用提案を受けているが、「有効活用」と「他の不動産への組み換え」との選択に悩んでいる。■保有する不動産の相続税評価額と収益性に大きな開きがある。円満な遺産分割をするにはどうすればよいのだろうか。■今後の生活資金と相続税の納税資金を準備しておきた...

  • 相続対策事例ケース2|低収益不動産の組み換え

    これによりお子様たちが引き継ぐ各不動産の評価額がほぼ同等になりますが、最終的には納税用で確保する「月極駐車場」の売却代金を調整資金として充当することをご提案しました。3.資産レポートの結果と当社からの提案をもとに、お子様と将来について話し合われたF様は、代々引き継がれた思い入れのある「ご自宅」はご長男様へ相続し、...

  • 相続対策事例ケース3|不動産の現状把握と相続対策①

    代々引き継がれてきたご自宅周りの不動産は守りたいとのご意向でしたが、「月極駐車場」や「借地権付き土地」など、相続税評価額の圧縮効果の少ない不動産が中心だったため、一部不動産の売却をご提案しました。また、ある程度の金融資産をお持ちとのことから、相続時の納税対策や分割対策も視野に、都心部のタワーマンション複数戸の購入...

  • 相続対策事例ケース4|不動産の現状把握と相続対策②

    そこで相続税額を試算したところ、納税用に確保してあった「月極駐車場」に多額の余剰金が出ることが判明したため、この余剰金を含めた遺産分割案を作成することをご提案しました。なお、「月極駐車場」は相続税評価額の圧縮効果があまり得られない状況から、一部または全部を売却して、相続時に分割しやすい都心区分所有マンション等への...

  • 相続対策事例ケース5|不動産の組み換え

    具体的には、「月極駐車場」を時間貸駐車場に変更し、「都内の一棟マンション」は賃貸住宅運営管理会社とのサブリース契約を、「都内のアパート」は賃貸管理業務委託し、継続保有することをご提案しました。また、「近県の一棟マンション」は大規模修繕の時期が迫っていることや稼働率の低下、相続後の分割も考慮して、区分所有マンション...

  • 資金調達の種類

    ■知人・親族による増資、個人借入知人や親族に説明をして、資金調達する方法です。会社として資金調達をする場合には、増資という手段をとることも可能です。この場合には、調達した資金の返済義務がないため、事業者としては非常に安心できるように思えますが、オーナーの株式比率が落ちるなどのデメリットもあります。 ■クラウドファ...

  • 自社株の売却

    会社が経営難に陥っているとき、資金調達を行わないといけないときなどに「自社株の売却」は行われます。自社株の売却を行うと、株式の新規発行なくして資金調達ができるようになるため、スムーズに資金調達を行うことが可能になります。 また、事業承継の場合には、自社株を保有していると新株発行のための手続きが必要なくなったりとス...

  • 日本政策金融公庫から融資を受けるコツ

    ①代表者個人の信用情報に傷がついている②事業内容がはっきりしない③自己資本が少ない④面接での対策ができていない このようにいくつかポイントがありますが、重大なポイントとしては、代表者の信用情報に傷がついていないかが重要です。税金、ローン、公共料金などあげればキリがありませんが、これらの料金などを未納せずにしっかり...

  • 合併と買収の違いとは

    買収は事業規模の拡大や経営の多角化などを目的として行われることが多く、合併とは目的が異なる場合が多いといえます。 AMSconsulting株式会社では、立川市、武蔵野市、世田谷区、杉並区等の東京都西部多摩地区を中心としたエリアで、「事業承継」に関するご相談を承っております。事業承継への不安や心配事をお持ちの方々...

  • 非上場株式の譲渡

    家族経営が多い日本企業において、事業承継の際は後継者に株式を贈与したり、相続することが一般的でした。しかし、近年は少子高齢化などの影響もあり、従業員や社外の第三者が事業承継をするケースも少なくありません。そうした時に非上場株式を譲渡して事業承継を行う必要があるのです。 では次にどのようにして非上場株式を譲渡するの...

  • 銀行融資の審査に通らない理由|知っておくべき審査のポイントとは

    ・代表者個人に借入事故がある法人と個人は全く別物ですが、それでも代表者個人に過剰債務や借り入れの事故がある場合には審査が通りづらいです。個人の借入も実は重要なポイントの一つです。 AMSconsulting株式会社では、立川市、武蔵野市、世田谷区、杉並区等の東京都西部多摩地区を中心としたエリアで、「資金調達支援」...

  • M&Aとは?特徴や流れなどわかりやすく解説

    近年、資金の調達や後継人不足の解消、経営戦略等のニーズからM&Aの事例が多くなってきています。 このページでは、M&Aとは何か、その特徴や流れについてわかりやすく解説いたします。 ■M&Aとは M&Aは、売り手と買い手が企業の全部や一部を対象として売却、買収することをいいます。 M&Aは、事業承継や株式譲渡、会社...

当事務所が提供する基礎知識

  • M&Aで活用でき...

    事業承継の際にはM&Aを活用する方法もあります。しかし、M&Aでの事業承継にはお金もかかり、事業承継出来...

  • 合併と買収の違いとは

    M&AとはMergers(合併) & Acquisitions(買収)の略語ですが、合併と買収はどう違う...

  • 非上場株式の譲渡

    上場がなされていない株式のことを非上場株式、または未公開株式といいます。自由に譲渡ができない、譲渡制限がついている株式の...

  • 資産活用事例ケース3| ...

                                   ■両親が相次いで他界し、複数の不動産を...

  • 資金調達の役割と目的につ...

    何か新しいビジネスに挑むタイミングや、既存のビジネスをさらに拡大しようとするときには、資金調達がそのビジネスの鍵を握るこ...

  • 等価交換

    Q:共有状態で手が付けられそうにないがどうしたらよいだろうか?A:共有状態の土地や、権利関係が複雑な土地を整理・活用する...

  • 資産活用事例ケース6|投...

                                  ■不動産投資を行っているが、今後も積極的に資産形成...

  • 不動産を活用した相続対策

    相続税の節税対策の中でも節税効果が大きい対策が不動産を使ったものです。賃貸マンションやアパートの建築、購入で不動産賃貸を...

  • 資産活用について

    土地の持つ可能性を多角的な検討で確実に活かす方策を考えていきます。大切に守り続けてきた資産を、ご家族のこれからのために活...

  • 配偶者居住権の解説と相続...

    ■「配偶者(短期)居住権」の創設平成30年7月に相続法に大きな改正がありました。改正点は多岐にわたりますが、その中でも特...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ