042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

資金調達 方法/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 資金調達支援に関するキーワード > 資金調達 方法

資金調達 方法

  • 資金調達を税理士に依頼するメリット

    税理士に資金調達の相談するメリットには以下の3点があります。 ①資金調達がスムーズ個々の税理士にもよりますが、資金調達をサポートしている税理士の場合には、信用金庫や地銀などの金融機関とさまざまな会社の案件でやり取りをしていることが多い傾向にあります。そのため、御社の資金調達を相談するときもスムーズに金融機関の担当...

  • 資金調達の種類

    資金調達にはさまざまな種類があります。例えば、下記のような方法があります。 ■金融機関での融資信用金庫、銀行などから借入によって資金を調達する方法です。自治体によっては「制度融資」という利子を自治体が補てんする制度を整えていることもあります。また、政策金融公庫を利用する場合には、新創業融資制度などもあります。多様...

  • 資金調達の役割と目的について

    何か新しいビジネスに挑むタイミングや、既存のビジネスをさらに拡大しようとするときには、資金調達がそのビジネスの鍵を握ることがあります。資金調達をすることでその会社の資産だけでは実現できなかった大きな試みをすることができ、結果として大きな見返りを得ることができます。 例えば、脱サラした方が個人経営の居酒屋を開業しよ...

  • 承継方法のメリット及びデメリット

    承継方法としては、親族内承継、従業員等への親族外承継、第三者への親族外承継(M&A)があげられます。後継者選びにあたっては、関係者との意思疎通を図ることや、各承継方法のメリット・デメリットを把握することが重要です。誰に会社(経営)を承継させるかで、以下のようなメリット・デメリットがあります。親族内承継のメリットと...

  • 自社株対策

    また、自社株式の承継方法として、①暦年贈与で少しずつ後継者に贈与、②相続時精算課税制度を使ってまとめて後継者に贈与、③後継者が設立した資産管理会社に譲渡、④事業承継税制を活用した贈与、などがあげられます。相続時に活用できる特例としては、①金庫株の活用(後継者が相続した自社株式を相続発生後3年10ヶ月以内に自社に売...

  • 事業承継の準備

    ステップ2(承継方法及び後継者の選定)として、①親族内に後継者候補がいるか、②社内に後継者候補がいるか、③後継者候補の能力・適性は?、④M&Aの活用は?を考慮します。ステップ3(事業承継計画の作成)として、中長期の経営計画に、事業承継の時期、具体的な対策を盛り込んだ「事業承継計画表」の作成をします。①法定相続人及...

  • 等価交換

    A:共有状態の土地や、権利関係が複雑な土地を整理・活用する最適な方法が、等価交換事業によるマンション建設です。等価交換事業はご所有地にデベロッパーがマンションを建設し、ご提供いただいた持分に応じて区分所有住戸を取得する活用法です。土地オーナーとデベロッパーが出資比率に応じてマンションの住戸を取得する等価交換事業、...

  • 土地活用

    A2:複数の土地を活用する場合、それぞれの強みを活かして収益性を高めたり、複数の土地を他の資産に組み換えたりと、その活用方法は複雑となります。総合的な視点でご所有資産の活用方針を明確にするため、資産全体を収益性、流動性、安全性の視点から、ご相談いただいた土地それぞれについて把握し、相続税評価額やそれぞれの土地の収...

  • 資産の組み換え

    A:土地活用において賃貸マンション・アパートの建設・運営は有効な方法のひとつです。しかし、周辺エリアのマーケットやニーズを徹底的に調査することで、新たな可能性を見出すこともあります。賃貸住宅だけでなく、暫定利用や狭小地の活用なら時間貸駐車場経営、土地を手放すことなく活用でき、テナント選定のお手伝いまでサポートする...

  • 相続財産の評価方法

    この章では、財産評価基本通達に基づいて、相続税を計算するときの財産の価値の評価方法をご紹介します。ポイントは、現預金は被相続人の死亡時点の残高で評価、不動産は一定のルールに従って評価、その他の財産は取引価格などを参考に評価、この3つです。また、財産の価値を評価するためには、財産の種類に応じてさまざまな資料が必要に...

  • 相続税の申告及び納税の期限と方法

    方法としては、いったん法定相続割合で分割したと仮定して、相続税を仮納付します。そして相続税の申告期限から3年以内に分割方法が確定した時点で、修正申告を行います。この修正申告の際に当初の仮申告で相続税を払い過ぎている人には還付、不足している場合には追加納付を行います。未分割申告の注意点は、仮申告の段階では小規模宅...

  • 生前贈与を活用した相続対策

    生前贈与といっても、様々な方法があります。生前贈与については年間110万円以内であれば贈与税がかからない基礎控除枠があるため、子や孫に年間110万円以内の金額の生前贈与を実行することで毎年贈与した分が非課税となります。生前贈与の方法は現金渡しでも預金振込どちらでも大丈夫ですが預金振込の方が証拠が残るため後で税務署...

  • 生命保険を活用した相続対策

    また子や孫が贈与を受けたお金で自分で保険に加入するという方法ですので、受け取る保険金は相続税ではなく所得税の対象となり節税効果が生じることもあります。保険料贈与を行い子や孫が生命保険に加入した場合に、贈与者側(祖父母や親)で所得税の確定申告の際に誤って生命保険料控除を適用しないように注意しましょう。あくまで子や孫...

  • 不動産を活用した相続対策

    第三者に賃貸する土地や建物は相続税評価額が大きく下がる計算方法になっています。例えば現金1億円は相続発生時も1億円の評価額ですが、その現金で賃貸アパートを建築すると相続発生時の評価額は4,200万円になるのです。「不動産を購入すれば相続対策になる」とよく耳にしますが、これは「時価と相続税評価額に差が生じる」ためで...

  • その他の相続対策

    養子縁組を行い相続人を増やすことで相続税を節税する方法です。相続税の計算方法は相続人の人数が多ければ多いほど相続税が減額される仕組みとなっているため養子を増やすことで相続税が減額されます。養子を増やして相続税対策を行う際には無制限にはできない点に注意が必要です。実子がいる人は相続税で控除対象に含むことができる養子...

  • 信託を活用した相続対策

    信託には、①財産管理としての信託(高齢になった親の財産管理を成年後見制度等を利用せずに行う)、②受益者連続の信託(遺産を残す人、そしてその次に残す人まで指定できる)、③遺言書の補完機能としての信託(一括で相続させるのではなく、月10万円といった具合に分割で相続させる)、の3つの活用方法があります。①財産管理として...

  • 資産活用事例ケース4|収益悪化による用途変更の検討

                                  ■相続した築30年を超える一棟オフィスビル2棟の稼働率と賃料が低下し、修繕費用も増えて収益が悪化してきた。■周辺では、老朽化したオフィスビルからマンションへ建て替えられている。このままオフィスビル経営を続けて大丈夫だろうか。■相続で受け継いだ大切な不動産...

  • 遺留分・遺留分侵害額請求権とは?

    ■遺留分の請求方法以前まではこの遺留分を請求する権利を「遺留分減殺請求」と呼んでいましたが、平成30年の法改正で「遺留分侵害額請求」に変更されました。遺留分侵害額請求を相手に通知する場合は、一般的に内容証明郵便を利用します。これは内容証明をつけて通知することで、いつどのような内容で請求したのかを証明することができ...

  • 配偶者居住権の解説と相続税評価について

    そこで、配偶者居住権として評価される額(例えば500万円)と、預貯金750万円を配偶者が相続し、子どもが負担付建物所有権(500万円)と預貯金750万円を相続するという方法で遺産分割をすることにより、配偶者は自宅に住みながら十分な生活費を確保することができます。ここに大きなメリットがあります。配偶者居住権は配偶者...

当事務所が提供する基礎知識

  • 自社株対策

    自社株対策としては、次のようなものが考えられます。①類似業種批准価額を引き下げるケース(3要素(配当、利益、純資産)を引...

  • 節税対策

    Q:税金を節約したいのだが。A:保有する不動産の固定資産税や、賃貸収入に対する所得税を軽減することは土地オーナーの重要な...

  • その他の相続対策

    相続対策の3つの柱である「生前贈与」「生命保険」「不動産」以外の対策として、養子縁組を活用した相続対策があげられます。養...

  • 等価交換

    Q:共有状態で手が付けられそうにないがどうしたらよいだろうか?A:共有状態の土地や、権利関係が複雑な土地を整理・活用する...

  • 立川市にお住まいで相続の...

    次世代に財産を引き継ぐ上で、常につきまとうのは税金の問題です。最大で55%の税率になる相続税は、形や金額を問わないさまざ...

  • 合併と買収の違いとは

    M&AとはMergers(合併) & Acquisitions(買収)の略語ですが、合併と買収はどう違う...

  • 資産運用の種類

    資産運用にはさままな種類があります。事業投資、金融商品投資など主要な資産運用の中でも、特に不動産運用について解説していき...

  • 事業承継の準備

    近年、中小企業経営者の高齢化が進展しているといわれています。これは、中小零細企業において、後継者難が増加していること、平...

  • 相続対策事例ケース4|不...

                                  ■母が高齢となり、相続の際に弟や妹と揉めないか不安...

  • 資産活用事例ケース5|不...

                                 ■自宅以外の不動産は、築年が古くなっており今後の管理費や修繕費...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ