042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

資産活用事例ケース3| 共有不動産の検討/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 資産活用 > 資産活用事例ケース3| 共有不動産の検討

資産活用事例ケース3| 共有不動産の検討

 

                             

 

■両親が相次いで他界し、複数の不動産を長男である自分と姉、妹と共有で相続。姉や妹との関係は良好だが、息子たちが将来的に引き継ぐことを考えると不動産の共有状態に不安を覚える。 

■両親が暮らしていた自宅には母親の面倒を見ていた姉が暮らしているが、それ以外の不動産は自分が管理をしており、煩わしさを感じている。 

■2つの賃貸アパートは、それぞれ建物の老朽化に伴い修繕の頻度が高くなり、賃借人の退去や賃料の低下も心配になってきた。 

 

 

1. 各不動産の現状を把握する

 

 

     

 

2. 弊社からのご提案

 

C様ご自身の相続、共有する一戸建てをご自宅として利用中のお姉様、海外在住の妹様のことを総合的に考え、親族間の持分売買による共有解消をご提案しました。
ご両親の相続にあたって現金のほとんどを納税資金として充当していたことから、共有解消のための資金を捻出するため、時価評価額と流通性の高い「月極駐車場」の売却をお勧めしました。さらに、一戸建てはお姉様の単独所有として引き続きご自宅としてご利用いただき、「アパート」2棟についてはC様とお姉様で1棟ずつ単独所有とすることで、共有状態を解消するようご提案しました。

 

3. 提案後の対策 

 

資産レポートをもとに、C様はお姉様、妹様との話し合いの場を持たれま した。その結果、思い入れの強いご自宅を売却せず、引き続き暮らし続けたいというお姉様のご意向を汲んで、「ご自宅」はお姉様の単独所有となるよう、その持分の親族間売買を決断されました。
また、海外に暮らす妹様は、日本国内の不動産の所有を希望されず、売却による現金化を希望されたことから、「アパート」のうち1棟は妹様ではなくお姉様の単独所有として、賃料収入を生活費に充て、その妹様の持分を現金で代償し、もう1棟の「アパート」はC様がそれぞれ単独所有となるように持分を売買する方向で話し合いがまとまりました。
なお、共有持分の売買資金を確保するために収益性の低い「月極駐車場」を売却することで意見が一致し、持分共有していた複数の不動産を整理できました。 

 

 

当事務所が提供する基礎知識

  • 資産運用の種類

    資産運用にはさままな種類があります。事業投資、金融商品投資など主要な資産運用の中でも、特に不動産運用について解説していき...

  • 配偶者居住権の解説と相続...

    ■「配偶者(短期)居住権」の創設平成30年7月に相続法に大きな改正がありました。改正点は多岐にわたりますが、その中でも特...

  • その他の相続対策

    相続対策の3つの柱である「生前贈与」「生命保険」「不動産」以外の対策として、養子縁組を活用した相続対策があげられます。養...

  • 資産の組み換え

    Q:賃貸住宅以外で土地活用はができないものか?A:土地活用において賃貸マンション・アパートの建設・運営は有効な方法のひと...

  • 相続対策事例ケース2|低...

                                 ■各不動産の資産価値の差異が大きく、また子供たちの意...

  • 事業承継税制のメリット・...

    事業承継税制とは、後継者が中小企業の株式を相続や贈与で引き継いだときに、本来支払うべき多額の相続税や贈与税の納税を猶予す...

  • 相続対策事例ケース3|不...

                                  ■複数の不動産を所有している高齢の父親が、相続対策...

  • 信託を活用した相続対策

    平成19年に信託法が改正され、昨今では「信託」が一般の方にも非常に使い易いものになってきました。信託を使えば劇的な節税対...

  • 後継者選定

    後継者を決める際には、経営者として資質のある人を後継者に選ぶことが重要です。業務多忙な企業が、他の経営課題に優先して、将...

  • 相続対策事例ケース5|不...

                                  ■亡夫からの相続した不動産資産の管理をしていたが、高齢になっ...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ