042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

相続対策事例ケース3|不動産の現状把握と相続対策①/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 相続対策 > 相続対策事例ケース3|不動産の現状把握と相続対策①

相続対策事例ケース3|不動産の現状把握と相続対策①

                             

 

■複数の不動産を所有している高齢の父親が、相続対策を全く行っていない。

■代々引き継いできた所有不動産はできれば売却したくないが、相続税負担がどの程度になるか心配。

■二次相続のことをまで考えると、できるだけ相続税を抑える対策をしたい。

 

1. 各不動産の現状を把握する

 

     

2. 弊社からのご提案

代々引き継がれてきたご自宅周りの不動産は守りたいとのご意向でしたが、「月極駐車場」や「借地権付き土地」など、相続税評価額の圧縮効果の少ない不動産が中心だったため、一部不動産の売却をご提案しました。
また、ある程度の金融資産をお持ちとのことから、相続時の納税対策や分割対策も視野に、都心部のタワーマンション複数戸の購入もご提案しました。「ご自宅」と「ご自宅隣接の月極駐車場」は一体利用による利用価値・資産価値の向上が見込めることから守るべき資産と位置づけ、将来的な活用もご検討いただくようお勧めしました。
一方、「借地権付き土地」は時価評価額と流通性が低く、相続税評価上はマイナスに働く不動産であるため、早期対策が必要であることをご説明しました。そのうえで、「隣接する月極駐車場」との一体利用による利用価値・資産価値向上が見込めることから、お父様がご健在のうちに借地権の買取り交渉を始めることをお勧めしました。

3. 提案後の対策 

H様は資産レポートをもとに、ご両親とご兄弟間でご所有不動産を今後どのようにしていくか話し合われ、最優先の課題として現預金の一部を新たな不動産購入に充て、相続税対策を進める方針で意思の統一を図られました。ただし、抵抗感のある都心部のタワーマンションではなく、ご自宅から近い立地の低層マンションの購入を現在検討中です。

また、「借地権付き土地」の借地権の買取りについては、お父様同席のうえでH様と借地権者の方とで話をされることになりました。H様からは、相続財産の分割対策について話し合いを進めていく必要があることを親族全員が認識できたことが最大の収穫であったとのお言葉をいただきました。今後、低層マンションの購入については、当社の意見を参考にしながら戸数や予算感などに関して親族間で協議されていく予定です。

当事務所が提供する基礎知識

  • 資金調達の種類

    資金調達にはさまざまな種類があります。例えば、下記のような方法があります。 ■金融機関での融資信用金庫、銀行な...

  • 相続対策事例ケース1|低...

                                  ■自宅近隣にあるアパートは老朽化に伴い、手取り額が...

  • 自社株の売却

    会社が経営難に陥っているとき、資金調達を行わないといけないときなどに「自社株の売却」は行われます。自社株の売却を行うと、...

  • 土地活用

    Q1:この土地でアパート、マンション等の賃貸経営はできるのだろうか?A1:賃貸住宅といってもそのタイプは様々です。 賃貸...

  • 資産活用事例ケース5|不...

                                 ■自宅以外の不動産は、築年が古くなっており今後の管理費や修繕費...

  • 節税対策

    Q:税金を節約したいのだが。A:保有する不動産の固定資産税や、賃貸収入に対する所得税を軽減することは土地オーナーの重要な...

  • 資金調達の役割と目的につ...

    何か新しいビジネスに挑むタイミングや、既存のビジネスをさらに拡大しようとするときには、資金調達がそのビジネスの鍵を握るこ...

  • 自社株対策

    自社株対策としては、次のようなものが考えられます。①類似業種批准価額を引き下げるケース(3要素(配当、利益、純資産)を引...

  • 承継方法のメリット及びデ...

    承継方法としては、親族内承継、従業員等への親族外承継、第三者への親族外承継(M&A)があげられます。後継者選びにあたって...

  • 資産活用事例ケース3| ...

                                   ■両親が相次いで他界し、複数の不動産を...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ