042-452-9097
対応時間
平日 9:00~18:00
定休日
土・日・祝

※時間外、日程は柔軟に対応いたします

相続税対策にもなる住宅取得資金の贈与で注意するタイミングとは/AMSconsulting株式会社

AMSconsulting株式会社 > 相続対策 > 相続税対策にもなる住宅取得資金の贈与で注意するタイミングとは

相続税対策にもなる住宅取得資金の贈与で注意するタイミングとは

相続税対策として生前贈与を行うことは重要なポイントですが、その中でも子が住宅を取得する費用を補助するために贈与を行うケースもあります。

この住宅取得のための生前贈与を行うことで、住宅取得資金の贈与として贈与税の軽減を行うことができます。

相続税対策にもなる住宅取得資金の贈与で注意すべきこと、特にタイミングについて解説していきます。

住宅取得資金の贈与に関する概要

住宅取得資金の贈与とは、親や祖父母といった直系尊属が子や孫の住宅取得に際し受け取った贈与の一定額の贈与税が非課税になる制度です。

現在は、20231231日までの贈与に関して住宅取得資金の贈与が対象となっていますが、例年更新されていきます。

2023年末までの贈与に関する非課税限度額は、

・質の高い住宅に関しては1000万円

・そのほかの住宅に関しては500万円

となっており、質の高い住宅としては断熱性能等級や一次エネルギー消費量等級が4以上である省エネルギー住宅や、耐震等級2以上もしくは免震建築物といった地震に強い建物に対して適用となります。

 

非課税の特例を受けるにはいくつかの条件が必要であり、

・受贈者が贈与者の直系卑属か

・受贈者が贈与を受けた年の11日で18歳以上で一定所得を超えていないか

・親族等から購入した物件でないか

などといった条件があります。

住宅取得資金の贈与のタイミング

それでは、住宅取得資金の贈与はどのようなタイミングで行うことになるのでしょうか。

一歩間違えると住宅取得資金の贈与とみなされない可能性がありますので、確認していきましょう。

 

まず贈与のタイミングですが、必ず住宅取得前でなければなりません。

そして、贈与を受けた年の翌年315日までに住宅を取得する必要があります。

基本的に居住開始も贈与の翌年315日までですが、居住用として建築され入居が確実とみなされた場合には、翌年1231日までとなることもありますが、原則翌年315日までに取得と居住、住宅取得前の贈与である点を押さえておきましょう。

 

そして贈与税の申告期限も同様です。

贈与税の申告期限までにすべて終了させないといけないため、年明けの贈与、取得だとかなり申告業務も含めて時間がないことになります。

余裕を持った贈与、住宅取得、申告を心掛けるようにしましょう。

相続対策でのお悩みはAMSconsulting株式会社までお問い合わせください

AMSconsulting株式会社では、相続対策に関するご相談を承っております。

相続への不安や心配事をお持ちの方々、各クライアントのニーズに応じたノウハウをご提供させていただきますので、お気軽に弊社までお問い合わせください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 資金調達を税理士に依頼す...

    税理士は税や会計の専門家です。そのため、さまざまな業態・規模の会社の決算書を日々研究し、さまざまな税や法律に関する知識と...

  • 等価交換

    Q:共有状態で手が付けられそうにないがどうしたらよいだろうか?A:共有状態の土地や、権利関係が複雑な土地を整理・活用する...

  • 遺留分・遺留分侵害額請求...

    ■遺留分とは相続は基本的に故人の遺志を尊重するため、遺言書があった場合は基本的にその遺言の内容が最優先されます。しかし例...

  • 日本政策金融公庫から融資...

    日本政策金融公庫での融資は金利が低く、返済期間を長く設定できるなどで人気の融資の方法です。しかし、すべての人が受けること...

  • 資産活用事例ケース5|不...

                                 ■自宅以外の不動産は、築年が古くなっており今後の管理費や修繕費...

  • 相続税の基礎知識

    相続税とは、日本の法律である「相続税法(昭和25年3月31日法律第73号)」に基づき課せられる税金のことを言います。 人...

  • 資産活用事例ケース4|収...

                                  ■相続した築30年を超える一棟オフィスビル2棟の稼...

  • 土地活用

    Q1:この土地でアパート、マンション等の賃貸経営はできるのだろうか?A1:賃貸住宅といってもそのタイプは様々です。 賃貸...

  • 生前贈与を活用した相続対...

    生前贈与を活用した相続税対策は最も人気がありお手軽な対策ですので多くの方が実行しています。生前贈与といっても、様々な方法...

  • 資産活用事例ケース6|投...

                                  ■不動産投資を行っているが、今後も積極的に資産形成...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

代表者

渡部 重也(Watanabe Shigeya)

渡部税理士事務所代表

保有資格

東京税理士会/登録番号:138611

東京都社会保険労務士会/登録番号:13150474

代表者挨拶

相続・事業承継・資産活用の専門家としてクライアントの皆様のご要望にお応えした最適な対応策をご提案いたします。

クライアントと専門家が一体となって問題の解決にあたっていきましょう。

躍進企業応援マガジン

会社概要

名称 AMSconsulting株式会社
所在地 〒202-0022 東京都西東京市柳沢5-2-32-218
電話番号/FAX番号 042-452-9097 / 042-452-9098
対応時間 平日9:00~18:00(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)
定休日 土・日・祝(時間外、日程は柔軟に対応いたします。)

ページトップへ